アクセス解析
カウンター
絵画 | 徒然忘備録

徒然忘備録

日日徒然の中で、これはおもしろい!、ためになる!、って記事を忘れないよう「徒然忘備録」として保存してます。 ワタシと同じ価値観持った人向けの情報記録ブログです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
0
    水彩色鉛筆で水彩画を描く 1
     

    水彩色鉛筆で水彩画を描く 1


    水彩色鉛筆で水彩画を描く(風景画
    1 拡大
    2 拡大
    3 拡大
    1.2.3.
    まずは鉛筆で下絵を描きます。私の場合鉛筆の線を絵の中で生かしますので、色を塗った段階でどうその線がどう見えるか、かなり意識して描きます。ペンで実 体をつかんでどんどん描いてしまう方もおられますが、一応基準線となる水平・垂直の線をまずは書き入れます。これは後で消しますので、薄く描きます。そし て大ざっぱな全体像を作り出します。私自身デッサン力がありませんので、一発で線を描けません。この段階では練り消しゴムは欠かせません。実体をつかむた めに線が何本も重なることがありますが、、できるだけ納得できる線を探します。最後はできるだけ自信のある1本の線で全体像を描きます。

    全体像がしっかりしていないと描き進めていくと、面積の比率、線どうしの関係、絡みに整合性がなくなってしまいます。始めはちょっと集中力がいります。

    細かい部分を描いていきます。すべて細かい部分を描いていく分けではありません。細かい描写と大ざっぱな描写が重なった時のあるバランスが程良く均衡し て、自分の納得できる表現になったりします。細かい個所は線がまっすぐ引けた、丸が上手に描けたとか、あまり問題にしてません。線が全体のからみから、生 きた線になればいいと思って描いています。


    4 拡大
    5 拡大
    6 拡大
    4.5.6
    デッサンが終わると色付けです。塗る個所に色鉛筆で薄く塗ります。初めから濃く塗ると全体が濃くなってしまいます。濃い色を薄くすることはできません。で も薄い色を濃くすることはできます。また私自身淡いトーンが好きです。そして水で湿らせた筆で濡らします。塗ったときより乾いた状態の方が色が薄くなりま す。
    複数の色を塗り、自然なにじみの混合を利用したりするのも楽しいです。

    4.
    絵の影の部分、暗い部分を先に薄い黒、グレー、セピアなどで塗ってしまいます。水彩画らしい立体的な絵になります。
    これは後でもご説明します。

    5.
    壁は色塗っておらず白の地のままを利用しています。その為木の緑、屋根の赤、人物は色の上で大事なアクセントになります。特に屋根の色は大事なポイントです。しかし赤は強い色なので、全体のバランスを崩さぬよう、グレート混色にして、柔らかい色にしました。

    6.
    人物がいると絵が楽しくなります。これはていねいに塗ります。


     7.
    下絵に色塗りしていますが、その場合下絵の線が透き通って見えます。これは大事な絵の一部になります。下絵の線が太い、細い。濃い、薄い。淡い、シャープかで、できあがりのイメージがだいぶ変わってきます。

    水彩画でよく起きることは、絵全体がぼけてしまって、締まりがなくなるということがおきてくることがあります。実は私の場合、後で細い水彩ペンで線の書き入れを行うことがあります。これは時として大変有効で、見違えるようになったと自分で思うことがあります。
    水彩ペンと絵の具を上手に利用したプロの絵を見たことがあります。絵は自由です。自分流を見つけだしてください。
    7 拡大
    7.かっこよくサインなどして完成です。




    水彩色鉛筆で水彩画を描く(イラスト
    色鉛筆は細かい作業ができます。細かいところを水彩色鉛筆で塗り、細い筆で水をつけなすります。
    水彩色鉛筆は、色鉛筆としての得意な細かな描写と水彩画のしっとりしたタッチが生かせるので、イラストにも大変向くと思います。私の場合、イラストを描く ときは、線のはっきり出る水性ボールペンをよく使用します。線を描いた後、水彩色鉛筆で色を丁寧に塗っていきます。このとき、できるだけ水彩色鉛筆のその ものの色を大事にして、原色の色を使い、混色しません。色鉛筆の色数が多い方がいいかなと思うのは、特にこういうときです。

    1 拡大
    水性ボールペンでためらわず一気に。
    少々線が曲がっても気にせずいきます。
    2 拡大
    まあまあ几帳面に塗ります。
    3 拡大
    色鉛筆は細かいところもきれいに塗れます。
    もちろん水と筆も使っています。
    4 拡大
    完成。




    身近なものを描く(パッケージ)
      
    絵に特別な題材、対象はいりません。自分の現在立っている位置から周りを見回してみます。もういくらでもあります。
    私がパソコンを置いたテーブルの上に、子供がなめて空にしたドロップの缶が偶然置いてありました。そのドロップの缶は商品名が右から左に書かれていて、ど うも昔作られた製品の復刻版のようです。赤と黒をメインにした着色。中央に描かれている果物を含めて鮮やかな原色が使われています。そして線はくっきりと 描かれています。こういうものは描きやすく、また結構面白いものです。そして文字が入っていて、これがアクセントになってどこか楽しい絵になります。描き 終わった後、余白に短い文章を入れました。
    全体の形を決めるとき、下書きに鉛筆を使いました。(単純な形ですが、まだペンで一気に描くことができません)おおざっぱな形、配分が決まった後、薄い下 書きの鉛筆の線は、錬り消しゴムで上からたたいて形がほんの少し分かる程度までさらに薄くします。そして上から水性ペンで描きます。この段階では少々線が 曲がろうが、ためらわず一気に描きます。水性ペンでの描写が完成したら、薄い鉛筆の後を、また錬り消しゴムでたたくようにして消します。後は色を塗ります が、この場合は混色をさけて、原色の色を活かして塗っていきます。
      
    下書きは薄く、そして錬り消しゴムで消してさらに薄くしました。 水彩ペンで描きます。下書きはかなりおおよそに描いたこともあり、水彩ペンでは、下書き通り描きません。曲がっても気にせず1本の線で描きます。 拡大
      色を塗ってできあがり。もっと濃く色を塗ってもいいかもしれません。



    | 絵画 | 19:45 | comments(0) | -
    0
      油彩画の技法
       

       絵画技法   技法編      油絵    水彩    アクリル    デッサン    その他


      油彩画の技法
       
       厚塗り

      厚塗り、インパスト

      絵の具を油で薄めず、厚く盛り上げるように塗る技法。

      ゴッホの絵のように、力強く、はっきりした色が出る。

      バン=ゴッホ展で並んでいたゴッホの作品は極端な厚塗りで、鮮やかに輝く発色が美しかった。

      それに比べ、他の画家の作品が一段くすんで見えることに驚いた。

      厚塗りによる強い発色は、油絵の具の大きな特長である。
       

       薄塗り

      薄塗り、グラッシ

      溶き油やニスで、絵の具を透明に薄めて塗る技法。色に透明感や深みが出る。

      例えば、乾いた赤の上に青をグラッシすると、重なって透明感のある紫に発色する。

      また、暗部に黒っぽい色などをグラッシすることで、ものの影をより深く暗く強調できる。

      グラッシを使って陰影を描くと、リアルで透明感のある表現になる。

      油絵の具の透明感を生かした生々しい写実表現は、油彩の古典的な技法である。
       

       キャンバス張り

      キャンバス張り器、金づち、木づち、木枠、キャンバス布、キャンバス釘

      1.木づちで木枠を組み立てる。かどの直角を確認する。

      2.四辺の中央を順に、張り器で引っ張りながら釘で止める。

      3.四隅を引っ張りながら対角の順に止める。八箇所。

      4.残りの間を7〜8cm間隔で止めていく。
       

       キャンバスの地塗り

      キャンバスの地塗り

      安いキャンバスでも地塗りを施せば、高級キャンバスとあまり変わらなくなる。

      溶き油で溶いたシルバーホワイトを、一層塗っておくだけでもいい。

      厚く塗ってでこぼこをつけてもいい。

      一層目はキャンバス層との接着が良いように、しっかり擦り込み気味に塗るといい。

      使う絵の具は下地用のものかシルバーホワイトなど、乾きが早く堅牢なものをベースにする。

      半月から一ヶ月以上乾かしてから使う。

      乾きの遅い絵の具は下地に向かない。

       

      水彩画の技法技法編トップへ
       
       水張り

      水張りの意味

      制作途中や仕上がりに、画用紙がデコボコふくらむのを防ぐために水張りをする。

      画用紙に水をたっぷり吸わせて伸ばし、パネルにテープで固定し乾かしておく。

      水張りしておくと描きやすいし仕上がりも美しい。
       

      準備物

      水彩紙、パネル、水張りテープ、刷毛、ホッチキス、カッターナイフ、タオル
       

      平張り  (このほうが失敗が無く出来るので、おすすめ)
       

      紙のサイズより、ひと回り大きなパネルを用意する。

      1.紙の裏または両面に、刷毛で水を塗る。

        水がしみ込んで紙が柔らかくなりよく伸びるまで待つ。

        厚い紙は紙ごと水を張ったバットなどに浸けても良い。

        水が少ない場合は何度か塗り足す。

      2.紙が柔らかく伸びきったら、表向きにパネルにのせる。

      3.四辺を水張りテープで止める。水張りテープは裏に刷毛で水を塗ると、のりが溶けて接着できる。

        巻きテープに水がかかると全体に固まってしまうので、必要分切っておいてナイロン袋にしまう。

      4.必ず水平にして、よく乾燥させる。
       

      *パネルがベニヤなど薄い物の場合、裏にも同じ紙を張ると板が反らない。

         テープの色は緑やグレーもあるが、平張りだと白いテープが絵を描く邪魔にならない。

       

      袋張り  (きれいに仕上がるが、角にしわが出来やすい)
       

      紙のサイズより、ひと回り小さなパネルを用意する。

      1.上と同じ要領で紙を伸ばす。水がよくしみ込んで、紙が伸びるまで待つ。

      2.紙が伸びきったら表向きにパネルにのせ、引っ張るようにして角に折り目を付ける。

      3.折った側面をホッチキスで仮止めする。

      4.余った部分をカッターナイフで切る。

      5.水張りテープでしっかり固定する。

      6.水平に置いてよく乾かす。少々の皺は乾くと消える。

       

       影をつける順

      影をつける順番を考える 
       

      A 影を先につける

       1.鉛筆で形を取る

       2.青い影をつける

       3.玉ねぎの色を塗る

       

      B 影を後でつける

       1.鉛筆で形を取る

       2.玉ねぎのいろを塗る

       3.青い影をつける

       

      結果はそう変わらないが影への意識や、

      描きやすさが少し違うかもしれない。

      そのほかに、

      影と固有色を一度につける、

      影はつけない、

      固有色はつけない、

      などのパターンも考えられる。

      例では青い影をつけているが、影の色も

      いろいろ工夫出来る。


        

       鉛筆の線

      鉛筆の線を無くす

      鉛筆の線を描かないと、やわらかい感じになる。

      右の例では、犬の白色は塗り残して表現している。

      線は鉛筆で薄く描いて、あとで消している。

      下書き無しで、いきなり絵の具で描く人もある。
       

      鉛筆を生かす

      鉛筆でしっかりと下描きすると絵が引き締まる。

      鉛筆のほうが扱いや修正が簡単なので、はじめは

      鉛筆でよく描きこんだ上に着彩すると描きやすい。

      4Bなどの柔らかい鉛筆で描きこむと、水彩で鉛筆の

      黒色が溶けて、絵の具の発色が暗くなるので、気をつける。

       

       ボールペンの下描き

      短時間のスケッチ

      ボールぺんで下書きし、色をあっさりのせる。

      短い時間のスケッチなどに便利。

      ボールペンの下書きは、ペン画のつもりで描く。

      それだけで絵になる感じに描いておくと、後は

      塗り絵でも絵になる。

      塗り残しをあちこちに作るのがあっさり描くこつ。

       

       

       

         

      ボールペンの線の効果

      ぐしゃぐしゃにボールペンで線を描いてみたのもの。

      絵の具の色は強く、ペンの線は案外目立たなくなる。

      ペン画は、間違いなど気にせず大胆に描くのが良い。

      塗り残しが軽やかな効果を出し、明るくまとまる。
       

      ボールペンの種類

      油性ボールペンや油性マジック、顔料インキで乾く

      と耐水性になるもの、筆ペンなど、何でも使える。

      にじむ水性ペンをわざと使うのもいい。

       
       

       模写

      模写 ターナー

      単純な絵だがターナーの上手さがよくわかる。

      色を重ねる順番も、模写してみると良くわかる。

      この絵は、空から描き始めているようだ。

      次に遠景から順に近景へと描き進めている。

      色の使い方で、光と影を上手く描き分けている。

      ターナーが実際に見ていた風景を想像しながら、

      絵を眺めてみると、風景をどう絵にしていったかが

      わかる気がする。

       

       

      技法編トップへ

       マスキングインキ

      マスキングインキ

      少し黒い色をつけたゴム液。小さい部分や細い部分を、白抜きにしたい時に便利。

      くっきり抜けるので、そこだけ周りから浮いてしまわないように気をつける。
       

      使い方

      1.使う筆に石鹸液を染ませる。(筆の毛にゴム溶液が染み込んで、取れにくくならないように)

      2.白抜きにしたい部分を、マスキングインキで塗り、乾かす。

      3.水彩で塗りつぶす。

      4.絵の具が乾いたら、ゴムの膜をこすって剥がすと白く抜ける。紙がはがれることもあるので、注意する。
       

      筆についたインキはこすれば取れるが、だめでもラッカーの薄め液などで溶かせる。
       

       水加減

      水加減に慣れる

      次の二点をしっかり意識してみる。
       

        どの程度、水で絵の具を薄めるか

      透明水彩では、白絵の具でなく水加減で色の濃さを調節するが、この水加減が大事である。

      水彩絵の具は薄すぎると発色が悪くなるし、乾くと色が薄くなるので心もち濃いめにつくる。

      塗り重ねの2層目からは、下の色のせいで塗った瞬間は濃く見える。

      塗ったときはちょうどに見えても、乾くとほとんど濃くなっていない場合がある。

      思い切って濃すぎるくらいで塗って、乾かしてみるといい。

      紙の切れ端などで試し塗りをして、濃さや色を確認してもいい。
       

        どの程度の量、溶いた絵の具を筆に含ませるか

      塗る面積に合わせた量の絵の具を、筆に含ませるようにする。

      多すぎると邪魔になる。少ないとかすれる。

      広い面積を手早く塗るには、塗る面積分の必要量以上の絵の具を溶いてから塗り始める。

      途中で濃淡や色を変化させたいときも、先に何色か絵の具を溶いておくと手早く塗りあげられる。
       

       色を塗る

      色を塗る

      ぬり絵の意識で塗らず、下書きはあくまで目安と考え、筆と絵の具で一から絵を描く気持ちで色をのせる。

      極端に薄い絵の具を何度も何度も重ねるのは、画面が汚く弱くなりやすいので避ける。

      3層くらい重ねて仕上げるイメージでいい。一回で仕上げるのも美しい。
       

      塗りむら

      塗りむらは水彩の特長くらいに考えて気にしすぎない。少しのむらは乾いていく途中に消えてしまう。

      半乾き時にさわるのが一番汚いむらになるので、手早く塗ったら我慢して乾くのを待つ。

      邪魔なむらは良く乾いてから修正する。
       

      色の発色、にごり

      水彩は乾くと色が落ち着くし、発色がきつくて困ることはないので、きれいめ、濃いめで描くのがコツ。

      にごらせるのは簡単なので、光が当たった明るい部分や鮮やかな色は、大事ににごらないようにする。

      影で暗い部分や、にごった色にする部分はあまり気にせず、汚れすぎたら洗ってやり直してもいい。

      色を落とすときは、水をつけた筆などでこすって絵の具を溶かしてから、ティッシュなどで押さえて取る。

      布や紙でこすると画用紙が傷む。
       

       はがきスケッチ

      水彩紙のはがき

      郵便番号枠も付いたはがきサイズの画用紙を売っている。自分でカットしてもいい。

       

      アクリル画の技法技法編トップへ
       
       アクリル画の地塗り

      地塗り

      1.ジェルメディウムを塗る。

        ジェッソの接着をよくするために塗る。少し薄めてもいい。(グロスメディウムでもよい)

        乾くと透明になる。

      2.ジェッソ(下地用白絵の具)を水(30%程度)で薄め刷毛で塗る。

        一度に厚く塗らないこと。(ひび割れを起こす)

      3.良く乾かしてから、次の層を塗り重ねる

      4.縦横方向を変えながら、3回以上塗り重ねる。
       

       *半乾きで重ね塗ると、もろもろに剥がれてくる。下層が完全に乾燥してから、重ね塗りする。

        ドライヤーを使うときは画面に近づけすぎないように。近づけすぎると気泡が発生する。

        ジェッソには自由にアクリル絵の具を混ぜられる。着色済みのカラージェッソも売っている。

        途中で紙やすりをかけながら塗り重ねると、より滑らかな下地になる。
         

      地塗りの意味

      発色が良くなる。

      筆のすべりが良くなる。

      マチエールがしっかりする。
       

       厚塗り ・ 薄塗り

      厚塗り

      アクリルは油彩より隠ぺい力が弱く、厚塗りしたとき下地の色の影響が大きい。

      暗い色を明るい色にやり直すとき、少し明るめの色か真っ白に描き起こしてから色を調整するほうが

      発色もよく、やりやすいことが多い。
       

      リキシック

      厚塗りで暗めの色を明るめに描き起こすときに、リキシックを使うと描きやすい。

      絵の具の少し混ぜると、練りを硬く色を乾燥後の色に近くする。
       

      薄塗り  グラッシ

      アクリルのグラッシは、さわやかで美しい。

      グロスメディウムやジェルメディウムを絵の具に混ぜて透明感を強められる。

      油彩や水彩に比べて、アクリルは技法を工夫する必要のある絵の具だと思う。
       

       乾きを遅らせる

      リターディングメディウム

      絵の具に混ぜると乾きが遅くなって、ぼかしなどの作業がしやすくなる。

      混ぜすぎると乾きが極端に遅くなる。

       

      デッサンの技法技法編トップへ
       
       

       

      その他の技法技法編トップへ
       
       

       

       

      技法編トップへ  

       


      いぐちたかしホーム  作品一覧  絵画教室  絵画技法  エッセイ  プロフィール  メール  
      | 絵画 | 19:47 | comments(0) | -
      0
        自作 動画 リンク集
        CALENDAR
        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>
        SPONSORED LINKS
        CATEGORIES
        RECENT COMMENT
        • 「老人」とは呼ばれたくない!? 高齢者が「こう呼ばれたい呼称」の第1位は…
          Tim (05/26)
        • 「老人」とは呼ばれたくない!? 高齢者が「こう呼ばれたい呼称」の第1位は…
          Tim (05/25)
        • 「老人」とは呼ばれたくない!? 高齢者が「こう呼ばれたい呼称」の第1位は…
          Hiroko (05/24)
        • 2014年夏放送のドラマまとめ 金田一少年やHERO、GTO、孤独のグルメなど人気作 の続編多数
          Tim (09/02)
        • 2014年夏放送のドラマまとめ 金田一少年やHERO、GTO、孤独のグルメなど人気作 の続編多数
          chinon (09/01)
        •  「女性手帳の次は、恋愛手帳?」 少子化政策に透ける “オヤジ”の本音 女性をも気がつかないうちに絡め取る超オヤジ的発想の力
          Tim (08/22)
        •  「女性手帳の次は、恋愛手帳?」 少子化政策に透ける “オヤジ”の本音 女性をも気がつかないうちに絡め取る超オヤジ的発想の力
          本当にあなたは考えますか? (08/22)
        • 子育て終わり韓流追っかけになった妻 夫の食事も用意しない
          Tim (06/01)
        • 子育て終わり韓流追っかけになった妻 夫の食事も用意しない
          コトバの森 (06/01)
        • こんな上司が新入社員を潰す 「本気で叱れば思いは伝わる」は下手をすればパワハラに
          Tim (04/30)
        お気に入りの画像、曲 









        自作スライドショー リンク集
        PROFILE